組合の事業

国保組合が行う主な事業は、保険給付と保健事業の2つです。

保険給付

被保険者や家族の病気、ケガ、出産、死亡などのとき、療養の給付や給付金の支給を行います。

①医療給付

自己負担額

未就学児 2割
70歳以上一般所得者 2割
70歳以上現役並所得者 3割
一般(上記以外) 3割

②高額療養費の支給

自己負担額が一定額を超えた場合、その超えた分は組合から全額支給されます。

③出産育児一時金の支給

404,000円(産科医療保障制度加入医療機関にて出産の場合は上記金額に16,000円を加算して420,000円)

④葬祭費の支給

当組合加入期間

10年以上 100,000円
10年未満 70,000円

保健事業

被保険者や家族の皆さまの疾病予防、健康増進を目的に行われる事業です。(令和2年度)

  1. 特定健康診査
  2. 特定保健指導
  3. 郵便健診(大腸がん、糖尿病、前立腺がん、子宮けいがん、胃がん、肺がん)
  4. 健康診断の実施及び補助(人間ドック利用補助)
  5. 胃カメラ補助(契約健診機関のみ)
  6. 乳がん及び子宮けいがん(婦人科健診)の補助(契約健診機関のみ)
  7. 一般健康診断(個別、集合)
  8. 歯の健診の実施
  9. インフルエンザ予防ワクチン接種費用補助
  10. はしか予防のワクチン接種補助
  11. 健康家庭への記念品贈呈
  12. 契約保養施設の斡旋
  13. 保養施設(旅館等)利用補助
  14. ディズニーリゾート特別利用券の配付
  15. スキーリフトの割引券の配付
  16. 健康維持・管理等家庭常備品の配付
  17. 歯槽のうろう予防歯ブラシセットの配付
  18. マスクの配付(2歳から小学校6年生)
  19. 乳幼児の健康管理品の配付(0歳児)
  20. 手洗い用自動ハンドソープの配付(1歳児)
  21. 育児誌の贈呈
  22. その他

PageTop

メニュー

メニュー